掃除

玄関ポーチの白い汚れを除去する方法

最近ずっと気になっている事がありました。

玄関タイル(玄関ポーチの部分)に、いつも白い汚れが付いているのです。

寒くなるにつれ酷くなってきました。

水で流しても擦っても全く取れません。
それどころか、日に日にその白い汚れは広がり、かなり目立つようになってきました。

今回はそんな玄関ポーチの白い汚れの除去方法について書きたいと思います。

今回の記事のポイント

白い汚れの正体は何?
白い汚れが出来てしまう原因は?
白い汚れの除去方法は?
自分で除去して綺麗になる?

 

玄関ポーチの白い汚れ

その汚れとはコレです。

かなり目立つでしょ?

玄関ドアの付近が一番酷いですが、手前のタイル部分も広範囲が白くなっていました。

 

これでは来客時にも恥ずかしい…。

最初は「汚れ」だと思っていたのですが、日々浮き出るように増えていくこの白い塊が単純な汚れでは無いような気がして、調べる事にしました。

 

白い汚れの正体は白華現象

調べた結果、これは白華現象(ハッカゲンショウ)だと分かりました。

白華とは、モルタル中の水酸化カルシウムが雨や雪などに溶けて表面に浮き出て、空気中の二酸化炭素などと反応して炭酸カルシウムになる現象の事です。

要は、白華現象は「セメントに水分が侵入したときに起こる」という事ですね。

そこで私はハッとしました!

私は玄関の掃除をする時に、いつも玄関タイルに水を流すのです。

夏ならすぐに乾くので問題ないのかもしれませんが、冬には流した水がいつまでも乾かず、ジメジメとしたまま。
それが白華現象の原因になってしまったのだと思います。

自業自得です…。

 

白華を除去する方法

調べると、「白華は除去しなくてもそのうち自然と雨などに流されて消える」とありました。

でも消えるまでかなり年数がかかるらしく、それも本当に綺麗に消えるとは限らない……。
何よりこのまま放置しておくのは、見た目が悪すぎます。

そこで私は自分で除去してみる事にしました。

白華の除去方法
  • 方法1 水で濡らしブラシ等で擦る
  • 方法2 クエン酸水で濡らし擦る
  • 方法3 サンポールを薄めて濡らし擦る
  • 方法4 ドライバー等で削り取る

方法1から順に試していくと良いと思います。
私は既に方法1は試し済みで、全く取れなかった為、クエン酸を使う事にしました。

 

白華をクエン酸で除去

使用したのはダイソーのクエン酸です。

このままスプレーするだけなので簡単!便利!

白華箇所の全体が濡れるようにスプレーしました。

そしてスポンジで擦ると……

えぇ⁉こんなに簡単に?

と、驚く程ポロポロと取れていきます。

まるで消しゴムで消していくような作業です。

かなり取れたように見えますが、濡れているのでよく分かりません。

とりあえずこの日は水を流し、乾くまで待つ事にしました。

 

乾いた後にまだ残っていた

翌日、乾いた状態で確認してみると、やはり予想通りまだ取れていない箇所が残っていました。

最初よりは随分綺麗になりましたけどねー。

クエン酸で軽く擦るだけでここまで取れるなんて十分凄いのですが。

ただ折角やり始めたので、もっと綺麗にしたいと思い、次の方法を試す事にしました。

 

白華をサンポールで除去

次はサンポールを使用しました。


水で10倍程度に薄めます。私は後で捨てるのが簡単なように紙コップを使用。

ここからはクエン酸と同じ作業の繰り返し。

白華部分をサンポール水で濡らし、スポンジで擦りました。

一か所かなり塊になっている箇所があったので、そこだけドライバーを使って削り落としました。

最終的に方法1~4の全てを試した事になりました。

その後、念入りに大量の水を流します

サンポールは強力ですので、残らないようにしっかり洗い流してください。付近の植栽やタイルなどを傷めたり変色したりする可能性があります。

 

白華を除去した結果

そして乾かした後がこちら。

20年以上経った家なので、劣化したすす汚れはありますが、白華はほとんど取れました。
最初の画像と比較すれば全く違います!

サンポールの力は凄いです。

手前のタイルも綺麗になりました。

白華現象の感想|まとめ

やってみる前は、本当に取れるのかな?と半信半疑でしたが、予想以上に綺麗に取れたと思います。

自分で簡単に除去できて良かった!

実際やってみて思うのは、早期に処理する事!です。

軽い白華なら少し擦るだけですぐ取れます。
塊になってしまうと、ドライバーやサンポールを登場させないといけないので面倒。

今後はこまめにチェックして見つけたら早めに対処したいと思います。
というか、それより玄関を濡らさない事、これが重要ですね。