Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
家電

象印「極め炊き」 NP-BH10【購入レビュー】

炊飯器 象印

長年使用し、内釜が剥げてしまった炊飯器。

ようやく買い換える事にし、購入するメーカーは象印とタイガーに絞り、その売れ筋の中でどれを購入するべきか、比較検討しました。

炊飯器
人気炊飯器比較「象印」VS「タイガー」炊飯器を買い換える事にしました。 壊れた訳ではないのですが、内釜の塗装が剥げてしまい悲惨な状況に…。 そこで新しい炊飯器を購...

 

そして私が購入したのは、象印の極め炊き NP-BH10です。

今回はその極め炊き NP-BH10をレビューしたいと思います。

 

象印 極め炊き NP-BH10 スペック

炊飯容量 0.09〜1.0(5.5合)
内窯 鉄器コート プラチナ厚釜
内釜の厚さ 1.7mm
炊飯時消費電力 1240W
1回あたりの炊飯時消費電力量 180Wh
1時間あたりの保温時消費電力量 16.1Wh
外形寸法 幅×奥行×高さ 26.5×40×22cm
ふた開き時の高さ 42cm
質量 6.0kg
年間消費電力量(kWh/年) 77.8kWh/年
カラー ブラウン、ホワイト

 

炊飯器 象印 
セット内容
  • 炊飯器本体
  • 内釜
  • 内ぶたセット
  • うるおい二重内ぶた
  • 計量カップ(白米用)
  • 計量カップ(無洗米用)
  • しゃもじ
  • しゃもじ受け

 

外観

炊飯器 象印

左側が古い炊飯器(タイガー)。右側が今回購入した象印NP-BH10です。

以前のものがIH炊飯器だった事もあり、その大きさは歴然。
高さはそれ程でもないですが、奥行がかなり長くなりました。

さらに持った感じもずっしり重さがあります。
とはいえ、普段動かすものではありませんので問題ありません。

こもこ
こもこ
ずっしりと重い方がより機能が詰まっていそうな気がするわ

 

鉄器コート  プラチナ厚釜

内釜にはしっかりと「プラチナ厚釜」の表示が。

 

炊飯器 象印

もった感じもずっしりとしていて、我が家では十分な厚さだと思います。

 

うるおい二重ぶた

炊飯器 象印

内蓋は、高火力を維持したまま炊き続けられる「うるおい二重内ぶた」を採用しています。

内蓋が2枚もあるなんて洗うのが面倒かも…と想像していましたが、実際は1枚も2枚も同じで全く面倒に感じません。

こもこ
こもこ
取り外しがとっても簡単でした

 

 

選べる炊き分け

表示部はこんな感じ。

炊飯器 象印

7通りの「炊き分け圧力」

圧力と時間を変えて7通りの食感に炊き分けます。
しゃっきり、ややしゃっきり、ふつう、ややもちもち、もちもち、すしめし、玄米

と、これで7通りですが、それ以外のメニューもあります。
エコ炊飯、熟成、急速、炊き込み、おかゆ、雑穀米、蒸気セーブ、やわらか、我が家炊き

こもこ
こもこ
私は「ふつう」と「ややしゃっきり」で食べてみました

どちらで食べてもふんわり感が凄いです!

 

49通りの「我が家炊き」

この炊飯器の特徴の一つ、我が家炊き

炊いたご飯の感想(かたさ・粘り)を炊飯ジャーに入力していく事で、我が家だけの食感に調整する事が出来るのです。

こもこ
こもこ
これはかなり楽しみ!

まだ使いこなしていませんが、微妙なかたさや粘りを調整出来るのは嬉しいです!

 

40時間おいしく保温

保温機能に優れている象印。

極め保温高め保温の二種類があります。

極め保温は40時間まで。最適な温度コントロールで、ご飯の劣化を抑えます。
高め保温は12時間まで。少し高めの温度で保温する事により、ご飯のにおいの発生を抑えます。

こもこ
こもこ
この機能が欲しかった!

 

使用した感想

圧力IHの炊飯器でご飯を炊くのは初めてでした。

結果、「こんなに違うの?」ってぐらいモチモチ!フワフワ!甘味、水分がある!

ご飯一粒がしっかり感じられるのに、ご飯がふんわりしているんです。

こもこ
こもこ
艶がある感じ

この価格でこの変化なら、もっと早く買うべきでした。

さらに保温機能!

期待はしていましたが、大、大満足です。

今回16時間保温してみましたが、全く固くなったりしておらず、水分を保っていました。とても16時間も経ったとは思えません。

あと外観のお洒落さは諦めていたものの、そうでもないです。画像よりも実物の方が好印象。

実家が上位機種の象印NW-JT10を使っているのですが、それと比較しても印象がそれ程変わらず、NP-BH10でも十分今っぽさを感じました。カラーがブラウンなのが良かったのかもしれません。

 

象印 極め炊き NP-BH10 感想|まとめ

価格と機能のバランスがいい炊飯器だと思います。

あまり高級過ぎる炊飯器を買ってしまうより、必要な機能のみ厳選したお手頃価格のものを購入し、買い替えサイクルを早めにするのがベストのような気がします。

炊飯器
人気炊飯器比較「象印」VS「タイガー」炊飯器を買い換える事にしました。 壊れた訳ではないのですが、内釜の塗装が剥げてしまい悲惨な状況に…。 そこで新しい炊飯器を購...