Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
インテリア

不要なラグをジャストサイズのキッチンマットにリメイク

キッチンマット

私はを飼っています。
老犬なので最近は足が弱り、段差を歩くのが不安になってきました。

時々痛くて動けなくなるよ

段差だけでなく、家の中ではフローリングが大きな負担となります。

部屋にはラグを敷いているのですが、キッチンはシンク前にキッチンマットを敷いているだけ。

それ以外の空いたスペースで、愛犬が滑りそうになっている時があります。

楽しくて走っちゃう時があるの
こもこ
こもこ
キッチンの床全体に対策しなくちゃ…

今回はそんなキッチンの床のフローリング対策を紹介したいと思います。

 

ジャストサイズのキッチンマットが欲しい

愛犬は自由にキッチンを歩き回るので、滑らないようにキッチンマットは必須なのですが、一般的に販売されているキッチンマットは幅45cm、広くても60cm程度がほとんどです。

うちのキッチンの歩くスペースは幅90cm程。
幅60cmのマットを敷いても、隙間が出来てしまう事が気になっていました。

こもこ
こもこ
その隙間を愛犬が歩いて滑らないか心配…

 

オーダーのマットは費用がかかる

幅90cmとなると、キッチンマットで検索しても見つけられず、どちらかと言えば廊下敷きで調べた方があります。
ですがうちのキッチンの長さは370cm程度必要であり、どちらにしてもサイズオーダーで注文する事になりそう。

となると、価格が〇千円で収まりそうもなく、節約したい私はオーダーする事は諦め、自分で縫おう!と決めました。

こもこ
こもこ
節約は重要!

 

不要になったラグを再利用

丁度不要になったラグがあります。
この濃いグレーのラグ。
185×185cmの正方形のラグです。

これをカットして80×185cmのラグを2枚作る事にしました。この2枚を並べて置けば、丁度キッチンの長さの370cmになります。

キッチンスペースの横幅が90cmなのに、マットを80cmにした理由は、

このように、冷蔵庫部分が出っ張っているので、仕方なくそれに合わせました。
10cm程度フローリング部分が出来てしまいますが、シンク側の際は犬が歩く事が無いので大丈夫かと。

 

ラグをカット

いざラグをハサミでカット。薄いラグなので簡単に切れます。
中には薄いクッションが入っていますが、何より大変なのが表側の毛が抜け落ちる事!

これ以上飛び散らないように、急いでミシンでかがり縫い。
と、念の為にかがり縫いをしましたが、これ、

こもこ
こもこ
必要なかったです…

2枚目を縫う時には、切り口についた毛を大雑把に掃除機で吸い取るだけでもOKでした。

 

 

バイアステープで縁取り

あとはバイアステープで縁取りすれば完成です。
あまり美しいとは言えませんが(^^;)
キッチンに敷いてしまえば違和感なく、縫ったなんて気付きません!

これでジャストサイズのキッチンマットが出来ました。

 

キッチンマットにリメイク|まとめ

キッチンに敷くのはキッチンマット用でなくてもいいのです。私は普通のラグをリメイクしました。

 

洗える事、適度なクッション性がある事、滑り止め。私はそんな条件で選びましたが、自分の望む条件をクリアしていれば、どんなラグでもOK。

キッチンマットは案外高く、キッチンマットを2枚買うよりラグ1枚をリメイクする方が安く済む事もあります。

わざわざオーダーしなくても自分でリメイクすると節約になるのでおススメです。